ントは受け付けていません

世界のボーキサイトと鉄鉱石要求

世界のボーキサイトと鉄鉱石の経済的要求は多国籍企業の新たな関心の主な理由です。この要求は中期的には、少なくとも年間4%増加する傾向があります。ギニアでは、ボーキサイトと鉄鉱石の埋蔵量を見て、この需要を満たす上で重要な役割 … 続きを読む

投稿日: 鉱山情報 | Leave a comment

ギニア鉱業の崩壊の原意は?

エネルギー供給の問題、不利な投資環境、インフラ整備の悪化状態などがギニア鉱業の崩壊の原因になっています。 ギニアの電力消費量は320メガワットで す。その40%は鉱山に消費しています。 ギニアの電力会社は財政的、技術的な … 続きを読む

投稿日: 鉱山情報 | Leave a comment

世界のボーキサイトの推定埋蔵量

世界のボーキサイト埋蔵量の推定によりと、3分の1のボーキサイトと鉄鉱石がギニアにありますがほとんどは高品位で、開発していない状態です。中国やインドなどに比べると10倍くらいにボーキサイト埋蔵量が少ないですが生産量は非常に … 続きを読む

投稿日: 鉱山情報 | : %2$s

ギニアの鉱業開発(背景と進化)

国際通貨基金(IMF)によると、ギニアの輸出の60%はボーキサイトと鉄鉱石です。ギニアはボーキサイトと鉄鉱石に対して米国、カナダおよびヨーロッパの主要サプライヤーです。しかし数年前から治安が悪化していたためにボーキサイト … 続きを読む

投稿日: 鉱山情報 | Leave a comment

ギニアの鉱業開発(ギニアの経済に対する鉱業の貢献と天然資源の優位性)

2010年にギニア鉱山省によると、 ・  GDP貢献                       :20% ・  為替貢献                       :80% ・  職務                 … 続きを読む

投稿日: 鉱山情報 | ys">より:

ギニアの鉱業開発(ボーキサイトとアルミナ産業)

国際通貨基金(IMF)によると、ギニア共和国は世界のボーキサイト埋蔵量の3分の1を保有しています。サンガレディ、フリアとキンディアの三つの地域に制作されているボーキサイトと鉄鉱石は世界でも最大規模である3採掘現場です。現 … 続きを読む

投稿日: 鉱山情報 | Leave a comment

ギニアの鉱業開発(地理)

ギニア地理地図 面積 : 245,857 k㎡ 人工 : 1千万人 為替 : ギニアフラン(FG) 重要資源 : 鉱物、水力エネルギー、漁業、農業、森林、記念碑 独立 : 1958年10月2日 植民地: フランス 言葉  … 続きを読む

投稿日: 経済, 鉱山情報 | Leave a comment