ギニアのエボラ出血熱に対する募金

当NPOのカマラ理事長にこのほどライオンズクラブで講演する機会をいただき、ライオンズクラブの皆様にギニアでのエボラ出血熱の現状についてお話をさせていただきました。ギニアの医療体制の問題、ギニアの多くの国民にまだ正しい知識が浸透していないこと、社会的文化的習慣の問題などが事態がなかなか好転しない原因になっているようです。

この講演を聞いてくださったロータリークラブの会員の方々からは、ありがたいことに講演へのリアクションとして募金を集めていただきました。おかげさまで41,000円の募金をいただくことができました。

熊本平成ライオンズクラブの皆様、
肥後熊友ライオンズクラブ皆様、
大変ありがとうございました。

 

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です