学校を作るプロジェクト

今回訪問した子供たちが住んでいる地区は学校に行くのに8キロもの道のりを通学しなければなりません。あまりにも学校が遠いので低学年の子供たちは全く学校に行っていません。国にも十分な予算がなく新たに学校を作るのが難しい現状です。だからといってこの状況を放っておくことはできないのでこの地区の村人が自分たちの手で学校を作る作業を始めてみようということになりました。

村人が利用している井戸のある周辺の土地を提供してもらうことができ、まず土地の整備を村人たちで行いました。この先果たしてどこまで進めることができるのかはまだわかりませんが、立ち止まっているだけでは何も変わらないということはみんなわかっているのです。

276302

330354

 

この土地に建てることができるのはせいぜい4つの部屋があるだけの小さな校舎です。下の写真は8キロ先にある学校の校舎です。やはり部屋は4つしかなく一度に子供たち全員の授業を行うことができないので、午前は低学年の授業を行い、午後は高学年の授業を行うという入れ替え制で校舎を利用しています。

373

This entry was posted in 教育. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です