エボラのこと

現在西アフリカ3国にまたがるエボラ出血熱の蔓延はいまだに終息することができず、これまでに死者が900名を超える事態となっています。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0G62KO20140806

今年の5月からエボラ出血熱からギニアを救うための募金を日本の皆様にお願いしておりますが、おかげさまを持ちまして現在これまでに16万8千円の募金をいただくことができました。先月カマラ理事長がギニアに帰国したおりに、この支援金を役立てさせていただきました。集まったお金で手を洗うための薬剤セットを2000セット用意し、コナクリ郊外の感染が心配される地区にボランティアスタッフと共に実際に出かけて各家庭に配りました。
15

ギニアでのエボラ出血熱の終息を難しくしている理由の一つはギニアの人々に正しい知識が伝わっていないことにあります。支援金をただ送るだけではこういう問題が置き去りにされます。今回心がけたのは実際に現地に行ってコミュニケーションをはかることでした。ごく一部ですがギニアの家庭を実際に訪問し、手洗いの必要性や病気予防に関することを説明して回りました。日本の皆様の支援により薬剤を配ることができたこと伝え、日本の皆様のギニアに対する温かい気持ちが訪問先のギニア人にも良く伝わったことを実感しました。
23

8839

This entry was posted in お知らせ, 医療. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です