国のためにボランティアになりましょう。

教育不足、方向性不足が原因でギニア人はボランティアができません。自分のためや賃金がないと動こうとしない国民です。
例えば、住んでいる所の外側の道路はどんなに汚くても掃除する人は一人もいません。家の近く堀の中はゴミが沢山あって、衛生に悪影響であっても誰も掃除する人間はいません。
自分の責任を避けるために、政府がしないといけないと言う考えが非常に多いです。
貧困の国だからしょうがないという考えしかありません。
良く考えれば貧困だからというのは関係がありません無情者である国民と言えるでしょう。
この無気力はギニア国民の皆様が責任がある。
この無気力はギニア国民に責任があります。
ギニアでは学校に行った子供達は絶対にホウキを触りたくないと言うのが現状です。
自分が捨てたゴミを自分が掃除するのは当たり前とい言う教育を教えないといけないと思います。
ギニア国民でこのメッセージを理解できる方たちは一緒に頑張って、自分のために、国のためにボランティアできる国民性を作りましょう。そうすればギニアも急激に発展するでしょう。

This entry was posted in 教育. Bookmark the permalink.

2 Responses to 国のためにボランティアになりましょう。

  1. のコメント

    こんにちは!3月にベルベデールのコンサートでお会いしました。バー由美子です。こちらのサイトを見ていて、あの時にお会いした方だ!と嬉しくなりました。ブログ拝見させて頂きました。とても興味深いです。ギニアで生活していて、同じように感じる事がたくさんあり興味深いです。

    • のコメント

      カマラです
      遅くなりまして申し訳ありません。
      ホームページ見ること出来ないくらい忙しいかったです。
      今度の11月6日にまたギニアに帰国する予定です。
      日本にいらっしゃいましたら電話で話しましょうか。
      電話番号は090-9795-8585
      080-3971-3971
      よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です