ギニア鉱業の崩壊の原意は?

エネルギー供給の問題、不利な投資環境、インフラ整備の悪化状態などがギニア鉱業の崩壊の原因になっています。
ギニアの電力消費量は320メガワットで す。その40%は鉱山に消費しています。
ギニアの電力会社は財政的、技術的な問題、有能な人材不足、流通ネットワークの悪化状態などが掛かっています。
読み書きできる成人が少ないため人材問題はとても困難な状況と考えれれま す。
政治の確実性との不安も鉱山崩壊の一つの原因になっています。
ギニアでボーキサイトと鉄鉱石を開発している世界大手企業は次のようです:
– 米国のアルコア会社。
– カナダのアルキャン会社。
– 国際鉱山グループリオティント。
– ロシアのルスアルアルミ。

This entry was posted in 鉱山情報. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です