習慣の力

人間に与えられた不可能を可能にする打ち出の小槌の1つは習慣であります。
心も体も行動も習慣によってのみ、本物となっていくことができます。
だから、これを逆に言うと、いくら口できれいなことを言おうと、大きなことを言おうとそれだけは、まだ何の成果も得られていません。
道徳もその1つです。
例えば、他人に会うときは、きちんと挨拶をしようというのが礼儀です。しかしそれは習慣として身についていなければできません。また他人に迷惑をかけないという道徳も、口だけでは意味がありません。タバコを嫌がる人の前でも平気でタバコを吸う人がいます。電車の中でも平気で化粧する人がいます。食事中、くちゃくちゃと音を立てて食べる人がいます。
本人はこれが他人に迷惑をかけているかどうかなど考えもしません。不快な思いをさせていようが、気にすることはありません。何故なら、それがその人の習慣だからです。
習慣は良くも悪くも、人を作っていく。だったら、出来るかぎり良い習慣、ためになる習慣を身に付けたいものです。

This entry was posted in 自信を取得. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です